No.010 チンチラの寿命は?

No.010 チンチラの寿命は?

長生きするチンチラ

チンチラは齧歯類の中ではとても長生きです。もちろん適切なケアや飼育環境によって大きく影響されるますが10歳から20歳まで生きると言われています。私が飼育した子では20歳、次いで16歳と病気や疾患さえなければ比較的長生きしています。稀に30歳まで生きる子もいるようで大分県のわだペット牧場さんにいるシナモンチャンは非公式ながら2024年4月1日に30歳となりました。私も会いに行ったことがありますがとってもかわいいおじいちゃんチンチラです。

最大寿命は長いが短命の場合も

犬猫並みかそれ以上?の生命力を持っているチンチラですが、生後1年、次に3年くらいまでは比較的命を落とすリスクも多いです。飼育環境が変わるだけでストレスを感じてしまい体調を壊しそのまま亡くなるケース。不正咬合などが判明すると闘病してもそれほど長く生きられないケースなどあります。

長生きさせるためのコツ

私が重要だと思うポイントをいくつか買いてみます。

1)健康個体であること
当然ながら最初から体が弱かったり遺伝的な問題を抱えていると長生きしません。信頼できるショップやブリーダーから購入することをお勧めします。チンチラを沢山取り扱っているから信頼できるわけでもありません。

2)栄養バランスの取れた食事
チンチラは草食動物なので、乾燥した牧草や特別なチンチラフードが適しています。牧草中心が理想ですがあまり好まない子もいるのでペレットも併用していました。成分は粗繊維が重要で18%〜23%のものを選びます。

3)適切なケージと環境
広々としたケージや適切な運動スペースが必要です。高さがあると喜びます。温度や湿度の管理も重要です。

4) 適切なストレス管理
ストレスに敏感なので騒音や急激な環境の変化を避け、安定した環境が用意できると良いと思います。

5)定期的な健康チェック
いつもと違う「あれ?おかしいな」と気づけるよう観察しておくことが大切です。時々獣医師の定期的な診察を受けるこもいいとおもいます。日頃健康であればあるほど、ちょっと具合が悪くてもすぐに自力で良くなったりします。いいことなんですけど本当にヤバい時に気付けなかったりするので、心配性くらいで丁度いいと思います。

6)年齢に応じたケア
年を取ると動きが鈍くなったり視力が弱くなったりするのでステップなどのレイアウトを優しくします。また寒がる傾向もあるので室温設定も変わってきます。


一般的には運動も大切と言われていますが、我が家の長生きチンチラや、わだぺっとさんのチンチラを見る限り絶対に必要な項目ではないと思い上げませんでした。

ブログに戻る