No.001 チンチラの飼育にかかる費用は?

No.001 チンチラの飼育にかかる費用は?

チンチラの飼育にかかる費用は?

お迎えまで

 私が初めてチンチラを飼い始めた当時(1999年前後)ショップによっても価格は違ったとは思いますがスタンダードグレーで1万ぐらい、パイドやブラックベルベットが2〜4万って感じでした。バイオレットなどもいたようですがなかなか日本の店頭にならぶことは少なかったです。

ケージは少し大きめのものが良いと勧められうさぎ用を買いました。こちらも当時背の高いタイプのものは鳥用ケージぐらいしか売っておらず、最適なものはなかなか用意できませんでした。後々そのサイズでは足りず巨大なうさぎケージを買うことになります。

その日で4〜5万お迎えするために使いました。購入したものはこんな感じです。

  • 生体
  • ケージ
  • 給水ボトル
  • 敷き藁(チモシー)
  • 小屋
  • アルファルファ
  • ペレット
  • 浴び砂

と、昔のことはこれくらいにして今のお迎え準備費用のお話に移ります^^;

生体価格

現在ではチンチラの生態が数万円〜数十万円とかなり幅が大きくなっています。

この理由としてはアンゴラと呼ばれる毛長種の存在や毛色が増えたことによるところが大きいと感じています。また海外では毛並みなどを競うショーもあることからその血統を引き継ぐようなチンチラは非常に高価になっています。

個人的にはどんな毛色でもチンチラは可愛いです。ただ、お迎え時には『健康』である個体をぜひ選んで下さい。健康で長生きさえしてくれれば素敵なチンチライフが始まります!

備品

生体だけでは飼育はできません。ケージやステップ、小屋、など最低5万〜7万くらい見ておくといいと思います。中古品などに抵抗がなければフリマやネット通販で事前にポチポチ揃えておくのも一つの手段です。

お勧め備品

独断と偏見でお勧めをリストアップしておきます。

・ケージ
 KAWAI コンフォート60チンチラスペシャル

・給水ボトル
 マルカン 小動物用給水器 エコボトル ミニ

・餌箱、牧草箱
 GEX うさぎのフードBOX 固定式
 GEX うさぎの牧草BOX 固定式

・チモシー、アルファルファ
 スーパープレミアムホースチモシー ベリーショート
 MT & t Store アメリカ産ホースプレミアムアルファルファ

・ペレット
 マズーリ チンチラフード or ニチドウ チンチラグロース

・シーツ
 コーチョー ネオシーツ カーボンDX ワイド

・小屋類
 マルカン チンチラのおへや
 レイアウトに合わせてチョイス

・ステップ類
 三晃商会 リラックステージ M
 三晃商会 木製チンチラステージ
 三晃商会 木製コーナーステージ 大
 マルカン かじり木コーン L(ステップ代わりにもなる!)

・浴び砂
 OXBOW チンチラダストバス

*餌に関してはかなり個体の好みやお店で与えているフードによって好き嫌いがありますので参考までに。

お迎え「後」にかかる費用

消耗品

消耗品はフード・おやつやサプリ・ペットシート(犬猫用)・浴び砂が中心ですのでそこまで費用はかかりませんが、季節や一時的に費用がかかるものもあります。
例えば・・

・移動用キャリー(病院に行く時などに使用)
・パネルヒーターor遠赤外線パネルヒーター(冬場の寒さ対策)
・バスタオル(ケージにかけて砂や毛をキャッチ)
・ペットサークル(部屋んぽの仕切りや部屋の角かじり防止)
・専用カーペット(既存の絨毯や畳をかじられないように)

などでしょうか。

光熱費

電気代はなかなかかかります。
特に夏場は温度や湿度に気を使ってあげなければならずエアコンを24時間つけっぱなしという状態です。

病院代

病気になった時は診てくれる病院も少なく移動費や診察料も高くなる傾向です。
その辺りはよく調べておく必要があります。

チンチラは犬猫よりも長生きすることがあるため、飼いやすい価格、可愛い、と言った理由だけでお迎えすると大変です。

 

 

ブログに戻る